司馬遼󠄁太郎氏没後25年記念シンポジウム

日時 令和3年10月30日(土)
開場13時30分 開演14時00分 終了16時30分

場所 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
滋賀県大津市打出浜15番1号

定員 600名程度 参加費無料
※抽選時において、緊急事態宣言が発令されている場合は、
収容定員の50%に制限します。

申込 令和3年10月12日(火)まで

新型コロナウイルス感染症の影響により、内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

基調講演

「司馬遼󠄁太郎と旅をして」

fleximg2

上村洋行氏 司馬遼太郎記念館館長

1943年(昭和18年)東大阪市生まれ。

同志社大学法学部法律学科卒業後、1967年(昭和42年)産経新聞社入社。京都支局が振り出しで記者生活。1970年(昭和45年)大阪本社編集局社会部。その後、京都支局次長、文化部次長、メディア報道部長。1995年(平成7年)京都総局長。1996年(平成8年)大阪本社編集局局次長。

  • 1996年 司馬遼太郎記念財団設立。同常務理事
  • 1999年 司馬遼太郎記念財団専務理事
  • 2001年 司馬遼太郎記念館館長(兼務)
  • 2012年 公益財団法人司馬遼太郎記念財団理事長

パネルディスカッションパネリスト

fleximg2

安部龍太郎氏 作家

1955年(昭和30年)6月福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。

久留米工業高等専門学校機械工学科卒。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し『師直の恋』で佳作となる。1990年(平成2年)に発表した『血の日本史』でデビュー。この作品で注目を集め「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説がうまれた。

作品に『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』『等伯』『迷宮の月』など多数。

  • 2005年 『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞
  • 2013年 『等伯』で第148回直木賞受賞
  • 2015年 福岡県文化賞受賞
  • 2017年 福岡市文化賞受賞
  • 2020年 京都府文化賞受賞
  • <近著>
  • 2020年7月~ (最新作)『家康1〜6』幻冬舎
  • 2021年7月 『特攻隊と大刀洗飛行場』PHP出版
  • 2021年7月 『対決!日本史2 幕末から維新篇』潮出版社
  • 2021年7月 『シルクロード・仏の道紀行』潮出版社

安部龍太郎オフィシャルサイト

fleximg2

澤田瞳子氏 作家

1977年(昭和52年)京都府生まれ。

同志社大学文学部卒業、同大学院博士前期課程修了。

奈良仏教制度史の研究に携わった後、2010年(平成22年)に長編作品『孤鷹の天』でデビューし、同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。2013年(平成25年)『満つる月の如し仏師・定朝』で第32回新田次郎文学賞、2016年(平成28年)『若冲』で第9回親鸞賞、2020年(令和2年)『駆け入りの寺』で第14回舟橋聖一文学賞、『星落ちて、なお』で第165回直木三十五賞をそれぞれ受賞。

現在、同志社大学客員教授。2019年(令和元年)から2020年(令和2年)6月まで毎日新聞夕刊に掲載された連載小説『恋ふらむ鳥は』では、万葉歌人・額田王を主人公に近江京の興亡を描いた。

fleximg2

今村翔吾氏 作家

1984年(昭和59年)京都府生まれ、滋賀県在住。

ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て作家デビュー。

2016年(平成28年)『狐の城』で第23回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。2018年(平成30年)『童神』で第10回角川春樹小説賞受賞。『童の神』(『童神』改題;角川春樹事務所)で第160回直木賞候補。2020年(令和2年)『八本目の槍』(新潮社)で第41回吉川英治文学新人賞、第8回野村胡堂文学賞受賞。『じんかん』(講談社)で第163回直木賞候補、第11回 山田風太郎賞 受賞。2021年(令和3年)『羽州ぼろ鳶組シリーズ』(祥伝社)で第6回吉川英治文庫賞受賞。

TBS報道番組(JNN系列)「Nスタ」レギュラーコメンテーター出演中。

コーディネーター

fleximg2

古屋和雄氏
文化外国語専門学校校長・元NHKエグゼクティブアナウンサー

  • 1949年(昭和24年) 10月1日 山梨県富士河口湖町生まれ、富山県育ち。
  • 1972年(昭和47年) 3月 早稲田大学第一政経学部政治学科卒業。
  • 同年 4月 NHK入局。東京のほか福井・釧路・大阪放送局に勤務。
  • 2013年(平成25年) 3月 Eテレ「ここが聞きたい!名医にQ」ラジオ第一放送「日曜バラエティー」を以てNHKを卒業。
  • 同年 4月 代々木にある文化学園大学に教授として就任。担当講義は、「TVジャーナリズム論」「マスメディア」
  • 同年 7月 文化外国語専門学校 学校長を兼任。

菜の花忌シンポジウムの司会を長年務めている。

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール